特定調停
特定調停

特定調停を詳しく知る

特定調停と言う言葉をご存知でしょうか。これは、裁判所を利用した任意整理のことを言います。
自己破産とまでは行かないまでも、このままではどう考えても行き詰ってしまうと言う場合における、債務者の再生を行うことを目的として平成12年に施行されたものです。特定調停を使うことにより、債務返済を3年以内にできるような再生計画が作られることになります。
特定調停のメリットは、基本的には専門的な知識が不要なところが挙げられます。要うするに、弁護士に依頼して高額なお金を書ける必要性が無いのです。もちろん、弁護士に債務の相談をすれば相談に乗ってくれますし、現状で考えられる最良の手段をとってくれることでしょう。しかし、その依頼だけでもかなりのお金がかかるようではあまり意味がありませんよね。そういった時に特定朝敵を利用すればかなりの費用を浮かせることができるのです。言ってみれば、特定調停は裁判所が債権者と話をすることになり、弁護士が間には入らないと言うことです。
そして、特定調停は他の債務整理とはまた異なり比較的早くすべての交渉が成立するという点があります。原則として債務整理そのものは弁護士にでも依頼を出した時点で取り立てが終わると言ったメリットがありますが、すべての処理が終わるまではそれなりに時間がかかってしまいます。そういったことが特定調停ならば無いと言うわけです。これは何気に嬉しいところと言えるのではないでしょうか。
ただ、特定調停を行うことで官報に名前が載ることになり、当然ブラックリストにも掲載されてしまうことで借金ができなくなるというデメリットもあります。また、一度特定調停で決まった金額が支払われないでいると、知らない間に強制執行がかかってしまう可能性もあるのです。そうした点においてもきちんと理解をした上で交渉に入ることをお勧めします。
こういったことが特定調停の主な特徴となりますが、このサイトではもう少し詳しく特定調停について紹介していきます。しっかりと使えば間違いなく借金返済の手助けとなってくれることは間違いありません。特定調停をはじめとした債務整理は、国が用意した借金で困っている人が再び立ち直るための制度ですから、もしも何かあった時のためにでも、知識として頭に入れておくといいかと思います。また、特定調停を視野に入れている方にも、このサイトがひとつの道しるべのようなものになればいいかと思います。